リンク法に基づく表示会社概要

商品紹介
冷凍ご馳走かきフライ


タカノブについて
ズバリ!!美味しさの秘密

牡蠣のアレコレ
牡蠣ってナニ?
日本一!広島の牡蠣


お買い物について
お買い物をする
安心してお買い物していただくために

不動水産

お問い合わせ
 かきってナニ?

1| かきって何だろう?

かきにだって心臓も口もある

 「かき」はイタボガキ科の二枚貝の総称です。ニ枚貝とはアサリやハマグリのように二枚の貝殻に包まれている貝のことを言います。
殻を開けてみると、外側からは貝柱や外套膜しか見えませんが、えらをはじめ、心臓、口、胃、腸などもちゃんと付いています。


 かきの種類は世界中で約100種類、日本にも約20種類(*1)いますが、日本で養殖されているのはマガキという種類のかき。タカノブ食品のかきもマガキです。
 かきの殻は健康食品のカルシウム剤や肥料、養鶏飼料にも使われています。
 また、浄化作用があるため、最近では、海や湖に沈めることで、水の浄化にも利用されています。











(*1)
日本ではマガキ、イタボガキ、ケガキ、スミノエガキ、イワガキなどが知られています。

2| かきを食べよう!

かきのシーズン

 一般にかきのシーズンは冬とされています。夏場はかきの産卵期にあたり、栄養の多くが産卵に費やされます。その結果、かきの身が痩せて食用には適さなくなります。(*2)

かきの出荷解禁日

 かきの出荷解禁は、例年10月1日頃に加熱調理用が解禁され、10月下旬より生食用が出荷されます。

かきが一番美味しいシーズンは冬だけじゃないんです。

 一般にかきのシーズンといわれているのは冬です。でも実は、一番美味しいのは3・4・5月のかきと言われています。
 それは、春先の水温上昇とともにかきのエサとなるプランクトンが豊富になることと関係します。また、夏場に行われる産卵の準備のため、この時期のかきはたくさんのエサを食べて大きく育つことが知られています。そのため、この時期のかきは、一年で最も身入りがよく、味わい深いと言われています。
 もちろん、タカノブ食品のかきは、3・4・5月のものを中心に使用しています。








(*2)
北海道の一部地域では、年間を通して低い水温を利用し、1年中食べることのできるかきを養殖できます。また、秋田県から石川県にかけての日本海側では『夏かき』とよばれる夏が旬のかきもあります。